犬のクッシング症候群のフード

MENU

病気でも少しでも長生きして欲しい かわいいうちの子

犬,クッシング症候群,フード

犬を飼っている人が一番胸がキュンとするのは、そのまっすぐな視線と向き合った時じゃないでしょうか。

わたしは家に帰宅して、リビングのドアを開けた時に「ママおかえりなさい」とでも言うように嬉しそうに瞳を輝かせて出迎えてくれる瞳を覗き込んだ時に、何とも言えない幸せと守らなきゃという愛おしさを感じます。
うちで犬を飼い始めたのは、子供が欲しがったという事と、娘たちの情操教育になればという気持ちからでした。当時流行っていたミニチュアダックスフントを、ペットショップから購入してもう10年。
子犬を欲しがった娘たちも大学や社会人として家を出てしまって、主人とわたしだけが残された家庭には、最後にそばにいてくれる末っ子という感じでわたしの生き甲斐とも言えるくらいかわいがっています。
いつの間にか、娘たちよりも自分の方が犬を必要としていて、癒される存在として心の支えのひとつになっています。
犬と人は寿命が違うというのはわかっていますが、少しでも長く生きて欲しいなといつも思っています。


うちの子がクッシング症候群?犬の病気

犬,クッシング症候群,フード

かわいいうちの子の身に、とってもショックな事が起こりました。

それは毎年の予防接種の時に、獣医の先生から言われました。
「○○ちゃんのこことここに脱毛がありますが、おうちで変わった様子はありませんでしたか?」って。
そう言われれば、最近寝てる事が多くなったり、しょっちゅう水を飲んでおしっこをしているなと思いついて、その事を先生に話しました。
わたしは、うちの子ももう犬としては老犬だったので、それが年をとると普通の事だと思っていたのです。
でも、先生は少し考えた顔をして検査を勧められました。血液検査やホルモンの検査など1ヶ月くらい繰り返したでしょうか。普段から具合が悪そうにしているなら心配もするでしょうが、それまで少し年を取ったから大人しくなったな程度にしか感じていなかったのでまさかうちの子が大変な病気にかかっているなんて「何かの間違いだろうな。きっと検査の結果どこも悪くないですね」と言われる事だろうと高をくくっていました。
でも、先生から言われたのはうちの子がクッシング症候群だという事実でした。


クッシング症候群という聞きなれない言葉

犬,クッシング症候群,フード

クッシング症候群というのが、まずどんな病気なのかまったくわかりませんでした。

先生によると、犬は老犬になるとコルチゾール?というホルモンがたくさん分泌されてしまうクッシング症候群という病気になりやすいんだと話してくれました。
クッシング症候群にかかった犬でわかりやすいのが、体の脱毛なのだそうです。
先生もこの脱毛から、うちの子がおかしいなと思ったのだそうです。ただの脱毛ではなく、体の左右対象に脱毛がおこるそうです。
ひどい子になると、体の毛をバリカンで刈ったようにツルツルに抜けてしまうそうです。
あとは、とても水を飲むようになり、おしっこにも頻繁に行くようになるんだそうです。
この他にも、体は太っていないのにお腹だけぽっこり出ている外見になったり、怖いくらいいつも何か食べたがる子もいるようです。

 

クッシング症候群の犬の寿命

一番気になったのはうちの子があとどのくらい生きられるのかという事でした。
先生のお話だと余命と言うのは病気の進行によるから、普通の犬よりずっと長生きする犬もいれば、病気の進行が早くてすぐに亡くなってしまう犬もいると言うことでした。
うちの子はまだ病気の進行が進んでいない初期段階だと思うから、お薬をあげてあとは食事や水分補給に注意しながら、しっかりケアしていきましょうと言われました。

 

犬のクッシング症候群と薬

犬,クッシング症候群,フード

先生にはクッシング症候群は一度なってしまうと治る事がないから、ずっとお薬を飲ませ続けなければいけないと言われました。薬も症状や進行によって何種類かあるそうですね。
わたしは、薬剤師でも医師でもないので先生に言われたとおりに、うちの子に薬をあげる事しか出来ませんが、この薬代もなかなかばかにならない金額です。
かわいい末っ子のためとはいえ、主人にもうちの子を病気にさせてごめんなさい、という気持ちでいっぱいでした。

 


犬クッシング症候群 とそれにかかる治療費や薬代

治療費は検査に2万円くらいかかったでしょうか。
その他に毎日の薬代が日に400円ほどかかります。
それは、今のうちの子の状態でのお話ですから、これからもっと具合が悪くなればかかるんじゃないかと思います。

 

治療以外に出来る病気のわんこのケア

犬,クッシング症候群,フード

うちの子がクッシング症候群だと診断されて、1年くらいは、ショックと不慣れな病気の犬を抱えた事で頭が動転していたのでうっかり忘れてしまっていました。

先生に食事に気をつけるよう言われたのを思い出したのは、心が落ち着いた1年たとうかと言う時になってからでした。うちの子には悪い事をしたと、あわててクッシング症候群の犬のための良い食事を調べまくりました。

 


クッシング症候群の犬に良いフードは?

クッシング症候群は筋肉がとっても衰える病気なのですね。
それなので、筋肉を増やすのに良い、脂肪が少なくてタンパク質が多い食事が良い事がわかりました。

 

わんちゃんともだちから教えてもらった優良フード

最初は自分で、犬のためのレシピを調べて作っていたのですが、人が考える良い食事と犬の餌は違うと思うんです。それに人用の食材だから農薬とか、今だったら放射能とか?素人考えではありますが、そんなのも心配になります。
野菜は無農薬野菜を使うというのも考えられますが、肉などは本当にその肉が病気の犬にとって安全なのか気にしだしたら不安な気持ちが止まらなくなりました。

 

そんな気持ちを相談したのが、わんちゃんを通じて仲良くさせてもらっているともだちでした。
その人から紹介されたのが、「犬心(いぬこころ)」というペットフードでした。
おともだちのわんちゃんは、高齢だから病気ケアのためにこの「犬心」ペットフードを、ずっと食べさせ続けているそうです。
そう言われて見ると、ともだちの家のわんちゃんは、うちの子よりも高齢なのに病気ひとつせずに毛づやも良いです。
その時はともだちにお礼を言って帰りましたが、ともだちの家のわんちゃんの元気な姿を思い出すと、自分は、うちの大切な家族のための気配りが足りなすぎたんだと、その夜はショックで泣きました。


犬,クッシング症候群,フード


犬心というペットフードってどんなもの

犬,クッシング症候群,フード

泣いてばかりもいられないので、翌日すぐに「犬心」というペットフードについて調べました。

この「犬心」は犬のメタボ・肥満に対するドッグフードとして開発されているようです。
動物病院の先生がおっしゃっていた「低脂肪・高タンパク」にぴったり当てはまりました。
もう、これしかないって感じで嬉しかったですね。


どのような効果があるのか

その他にも、高齢犬には心配な高血圧対策として、糖質制限と食物繊維バランスが取られていたり、低温手作り製法という作り方で酸化しにくい脂質も使われているので、コレステロールや中性脂肪のケアも出来るんだそうです。
わたしが食べたいくらい、健康に気を使ったドッグフードなのだなという印象を受けましたね。


味は?うちの子の食べっぷり

犬,クッシング症候群,フード

うちの子は食いしん坊なので、何でもモリモリ食べてくれる子です。だから、あまり参考にならないかも知れませんが、美味しそうに食べていますよ。

偏食のわんちゃんなら、最初に小さなサイズのお試しがあるので、それで確認する事が出来ますね。


犬心の価格は?

犬,クッシング症候群,フード

わんちゃんの餌は、体の大きさによって食べる量も違いますね。うちの子はだいたい1回100gくらい、日に2回の食事をあげています。

1ヶ月に6kgのドッグフードが送られてくるコースを申し込んでいます。
毎日の薬代より少し安いくらいの金額です。
旦那さんがタバコを吸われる人だったら、タバコ一箱分くらいでしょうか。
でも、健康のために毎日使うお金と、タバコに使うお金の価値ってまったく違いますよね。1日タバコ1箱分の金額で愛する家族の健康が買えるなら、全然高いとは思いませんし、健康なわんちゃんの病気予防に使ってあげて欲しいです。


犬,クッシング症候群,フード


お得に購入する方法もあります

犬心は、通販で送ってもらうのですが送料は無料です。
どのコースを買っても良いのですが、だいたい1ヶ月分目安で購入する人が多いんじゃないでしょうか?
大きなわんちゃんなら、量も多くなると思うんですが、送ってもらう量が多ければ多いほど割引率が良いです。
まとめ買いでもドッグフードを置く場所に困らないという人なら、一度にたくさん購入して、3ヶ月定期便を選んだりできるみたいですよ。これだともっとお安くなるんじゃないでしょうか。

 

犬心の日持ち

「犬心」は1kgずつ小分けで包装されています。
だから、まとめ買いしても安心ですよ。消費期限は1年です。小分けの袋はアルミ包装だし、酸化防止シートって言うのを使っているそうです。

クッシング症候群のわんちゃんにも健康なわんちゃんにも

犬,クッシング症候群,フード

クッシング症候群のうちの子にピッタリだった「犬心」。

このせいか、うちの子の病気の進行状況はずっと止まっています。
知らない人が見たらうちの子は病気だなんて思う人はあまりいないんじゃないでしょうか。
そんな感じで発病から2年たちますが、まだまだ長生きしてくれています。「犬心」のおかげかなと思っているので、ともだちに教えてもらってよかったなと思っています。

 

クッシング症候群のわんちゃんの餌を探している人には、試してもらいたいなと思います。でも、一番おすすめしたいのが今健康な高齢のわんちゃんのママやパパです。クッシング症候群だけでなく、わんちゃんも高齢になると様々な病気が心配ですよね。毎日食べる物に気を使って病気にならないようにしてあげて欲しいと思います。
大切な家族には、ずっと長生きして楽しい時間をたくさん一緒に過ごして欲しいです。

 

犬,クッシング症候群,フード


更新履歴